FXロジックの勝率確率通りに結果が出ない理由を専業トレーダーbuchujp的解釈で

自分が初めてFXに挑戦しようと思った理由はスキャルピングトレード手法があまりにも魅力的に思ったというのが正直なところですが、おそらく今からFXの勉強する段階のFX初心者トレーダー様におかれましては、

数ある人気FX教材の中からどれを選んで購入しようかと検討中の方も多いと存じます。

FX教材を購入する際に恐らく重要視する要素の中で「勝率」を上げる方が最も多いのではないかと想像する次第ですが、 FX教材のセールスページを見ると華々しい勝率や連勝実績が掲載されていたりして、どれも魅力的に感じてしまうと思います。

そのトレード手法やロジックは本当に掲載されている通りの勝率があったかもしれませんが、実際にそれが再現できるかどうかというのは実は話は別だとbuchujp自身は思う次第です。

そのロジックを開発したトレーダー自身の勝率である事は間違いないかもしれませんが、購入をした側のトレーダーがその勝率を再現するためには、セールスページのなかには語られていないいくつかの問題があるからと存じます。

そのような視点で本日の掲載動画をご覧いただければと存じます。50代のFXbuchujpいきなりー72pips損切やらかし!の巻buchujp YouTubeチャンネルより


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆本日の動画でご覧いただいた1秒スキャルFXカスタムチャートテンプレートと
buchujp「BI_Entry」GOLD仕様をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です


広告

自分が購入したFX教材のロジックについて勝率を確かめる場合、その検証方法によって結果は変わってくると存じます。

おそらくいちばん最初に思いつくのが、過去チャートを遡ってロジックに該当する局面を拾い上げて勝敗の数をカウントしていく場合、この方法ですとまずは一定の勝率が確認でき、セールスページに書かれている勝率には届かないまでも、それに近づく勝率が確認できると存じます。

そして次に、デモチャートでロジックの通りトレードして検証してみる方法。

おそらくこの検証方法ですと、リアルに動いているチャートを見て相場の渦中でデモトレード検証するわけですから、多くの場合はチャンス局面を待って、

「今この状況でロジックに当てはまっているかな、それとも少し怪しい相場局面なのかな」というある意味動いている相場を状況に合わせて検討しながらトレードするため

自然と勝率が期待できなさそうな局面ではトレードを避けて、 FX教材の中にでてくるような綺麗なチャート局面では自信を持ってエントリーしてみるという具合に機械的にすべてのチャート形状の条件合致でトレードするということは意識的に避けるということで、もしかすると少し勝率が上がってくるかもしれません。

ここまでは、あくまでも検証ですから確率を確かめる作業に置いて何のリスクもありませんし損失が出ることもありません。

次に、実際に小額の小さなロットで検証トレードをやってみるという方法です。

小額ですから損失も小さくそのかわり利益も小さいですが、実際の自分の証拠金の一部を投じて検証トレードをするわけですので、より慎重にならざるを得ません。

ここで少し検証をの問題に気がつくかもしれません。 小額のロットとは言え利益を確定することもできるし含み損を抱えれば損失を早く切って大切な証拠金が少しでも目減りすることを食い止めることもきます。

この実際の証拠金を使った検証方法で、すでに自分自身がロジックの通りのトレードができていない場合があると感じる方も多いのではないでしょうか。

ある程度のテクニカルの知識や裁量スキルが少しでもあれば、それもプラスの方向に傾きますが、FX初心者の段階では1つのトレードの結末がどうなったかまでも見届けることができず、それこそが検証データとしてはあまり意味のないものになってしまい、

ましてや、証拠金のロットを上げて実際のトレードするとなるとなおさらロジックの通りに、事が進まないという事態も往々にしてあると存じます。
-72pips損切り!どうするbuchujp「1秒スキャルFX」に従う確率の巻より

つまり、 FX教材のセールスページには、トレードロジック開発者自身の裁量スキルのほか、実際にはそれぞれのトレーダー様の証拠金ボリュームに合わせたメンタル的なコントロールによって同じ結果にはならない可能性があるということも活字としては書いてないかもしれませんが、現実としてその名ことが起こるというのがbuchujp的見解でございます。

このことから、 buchujpの場合はFX教材を購入した時は大抵の場合、極めて少額なロットで実際の証拠金を使った検証トレードすることにしております。

それでなければ、自分に本当に性格にあったロジックなのか自分がそのロジックを使いこなせるようになっていけるだろうかという基本的実験データを取ることができず、その後の実際のトレードに使えるかどうかを判断するに自分自身の材料足り得ないからです。

これについてはいろいろなご意見もあると存じますが、FXの実際のトレードは理屈はわかっていたとしても実践ではメンタルが必ず大きく影響するため、自分自身の勝率を確認するというのがいうのが重要なのではないかという考え方でございます。

本日の実践検証トレード動画では、1秒スキャルFXでのGOLDに対応させるためにどのような収支の結果が出せるかというのが目当てであり、その場合に自分自身の裁量スキルの程度と基本的なロジックを重ね合わせて実践的に自分自身の確立を見てみたいというのがコンセプトでございました。

なので、この形で例えば1秒スキャルFXを使ってGOLD攻略トレードにある程度の勝率とプラス収支の結果が出たとすれば、あとは実際のトレードでは資金管理をしながらロットを上げていくだけということになります。

その際は、自分自身で証拠金を使った検証トレードをやっているため、そこで出た勝率を信じることができるのではないか、自分としてはそのような考えで日々ロジック研究をやっている次第でございました。

FX専業トレーダーではありますが、GOLD攻略等、有利に利益を追求できるような手段があればこの後もどんどん挑戦してまいりたいと思っているところでございます。

「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆本日の動画でご覧いただいた1秒スキャルFXカスタムチャートテンプレートと
buchujp「BI_Entry」GOLD仕様をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です


広告