FX初心者の今すぐに始められるFX教材と手法をbuchujp的にご紹介

恋スキャFX終売になったとはレビュー機会が減りましたが、しかし相変わらずこのロジックは日頃のトレードで使用しており、一方で実践レビュー記事についてはbuchujpメインブログの方では、もっぱら1秒スキャルFXが最も使用頻度の高いトレードロジックになった感じがします。

いずれのロジックにも組み合わせで使ってるのがトレンドラインPro2で、特に最近では新型コロナウイルスの影響でリモートワークになったお勤めのかたも増加したことからか、FXを新規に始める方も増えていると存じます。

そこで、FX初心者のすぐに始められるFX教材と手法をbuchujp的にご紹介というタイトルで本日は記事を書いてみたいと存じます。

前述した1秒スキャルFXとトレンドラインPro2の組み合わせがその1つでございますが、つい先日実際のトレード動画を収録してbuchujpメインブログに掲載いたしました。
今すぐ勝率を上げたい1秒スキャルFX+トレンドラインPro2同時参照と加藤ムネヒサ殿プロジェクトご案内


広告

実はやっていること非常に単純ですが、ツールと手法ロジックの補助を借りてFX専業トレーダー並みのテクニカル分析手法をいつの間にかできているというイメージのトレードになってるのではないかと存じます。

やり方としては、トレンドラインPro2の1時間足チャートでの価格の推進方向判定をできたら、 5分足の1秒スキャルFXロジックに当てはまるところを同じ方向へトレードするだけという単純さです。

実はこのような方法は平生からFX専業トレーダーのほとんどがやっていると存じますが、何もないチャートでテクニカル分析をするというのは今からFXを始めるという方には少々ハードルが高いと存じますが、

この2つのツールとロジックを組み合わせれば、それと同じことが今すぐできてしまうというところがポイントです。

FXの場合いますが初めて今すぐ利益を獲得するということが可能な取り組みやすい投資手法だと存じますが、ノートパソコンとインターネットがつながっていれば、最近のリモートワークをされているお勤めの方でも、言い方はありますが、二足のわらじ的な収益の二本柱も検討できそうな気がいたします。

もう一つは、様々なFX教材の販売されている中でどれを選ぶべきかという視点では、特殊すぎるフィルターやインジケータを使うようなロジック手法の切り売りFX教材では、単年度の相場で通用しても年度が変われば利益が難しくなるというパターンもよくありますので、

昔からある普遍的な方法をベースにした、例えばライントレードや現在ではよく使われている平均足との組み合わせなど、世界中の市場参加者がよく目にする機会が多いと思われるテクニカル指標をベースにした方法論は、それこそ普遍的に使える可能性も多いことから

この視点でみますと、トレンドラインPro2や1秒スキャルFXは毎年相場が変わっても適切に通貨ペアを選択するという最初の相場環境判定というところでしっかりと押さえているため、何度も繰り返し練習したり学習を継続することでそのまま腕を磨けば比例して利益も伸ばせるという理屈が考えられそうです。

Buchujp自身もそうしていますが、同じFX専業トレーダー仲間でも様々なトレード手法やロジック、そしてインジケーターを試す中で、大抵の場合下のシンプルなところに戻ってくるのが多いような気がいたします。


広告

関連記事