恋スキャFX販売終了後buchujpが最も使うFX教材トレード手法はこれでした

恋スキャFX販売終了後buchujpが最も使うFX教材トレード手法は2021年の1年間を通して完全に自分のスタイルに取り入れたとも言えるFX教材のロジックは、マックス岩本先生の1秒スキャルFXがぶっちぎりに年間を通して使う頻度は高かったように思います。

恋スキャFX自体は現在も主要なトレードロジックの1つとしてbuchujpはよく使うのですが、カウンタートレードという、どちらかというとトレンド中に出来るレンジ相場を狙うイメージでかなりの勝率を実感しておりますが、

限定された利益幅をとってトレード終了する恋スキャFXと、一度トレンドが発生した場合にある程度の利益幅を獲得することが可能なトレンドフォローロジックとして1秒スキャルFXロジックとの組み合わせでこれまでも年間を通して高い使用頻度の方法でございました。

2021年度をじっくりと振り返って自分のトレードを分析しますと、まず第一にチャートの形状が整っていて、チャートパターンなどが現れているような通貨ペア、


広告

それと同時に通貨ペアの強弱を見た高い優位性のある通貨ペア選択という意味で、トレンドラインPro2チャートを用いた複数ペア同時監視からの、1秒スキャルFXチャートや落とし込んだ実際のトレード検討という行程は本当に今年の定番でございました。
家事動画は今年最も使用した人気FX教材は?専業トレーダーbuchujp実践トレード本日もの巻からです。


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※動画でご覧のbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆buchujp「BI_Entry」をご提供中

ご参考までに、buchujpが長年愛用しているトレンドラインPro2(バージョンアップして進化)はかなりオススメでございますため下記リンクを張っておきたいと存じます。
トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

通貨ペアの強弱をトレード前に検討チェックするというトレーダー様はかなり多いと存じますが、1秒スキャルFXの場合は大ざっぱにますと、様々な時間軸の移動平均線の束や各種インジケーターなどを組み合わせた、いわゆるパーフェクトオーダー的な考え方をベースとしているため、

この専用チャートに付属している通貨ペア強弱インジケーターのマックスジャッジメントもこの原理で理屈においてもわかりやすく一目で理解ができるよう工夫されています。

そして、通貨ペアをマックスジャッジメントからチャートに落とし込んで、それがなぜ通貨ペアの強弱が判断できるかと言う理由までもマックス岩本先生の講義で理解することができるため、

ただ単にインジケーターの類を見て通貨ペアの強弱がどうなっているかを判断するだけでなく、理解とともに通貨ペアの強弱具合をよりチャートの形状と比較しながらテクニカル的に自分自身で分析できる力がつくように工夫されたFX教材とも言えるのではないかと自分は考える次第です。

そこまで言うと少し言い過ぎかもしれませんが、すくなくともbuchujp自身はマックスジャッジメントというインジケーターを見ながら、動画の中でもご覧頂いている通り、このインジケーターの中身がチャート上にどの様に反映されているのかというのをご紹介しておりまして、それはおそらくFX初心者様であっても理解可能な範疇なのではと存じます。

それでいて、5分足チャートという短期スパンに落とし込んで、どこからエントリーするべきなのかというポイントが極めて具体的というところもシンプルでFX初心者様にもわかりやすいという事は、学習しながらも速いスピードで実践に反映させることができるFX教材とも言えそうです。

このことから、 FX教材としても人気FX教材ランキングに常に上位に位置しておりますし、実践のトレードでも使えるトレード手法として2022年度のbuchujp自身トレード手法のメインの1つとして使い続けると考えています。

いつものbuchujpブログで、FX人気FX教材buchujpが2021年度に一番使った手法はコレでしたの件という記事もアップしてるため、ご参考になれば幸いでございますが、

繰り返しになりますが、恋スキャFX販売停止後に最も活躍している個人的なトレード手法はやはり今のところは、マックス岩本先生の1秒スキャルFXがまだまだ続きそうです。

「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※動画でご覧のbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆buchujp「BI_Entry」をご提供中


広告

関連記事