2022年最新トレードルームで最初にbuchujpがトレードした手法はこれです

2022年最新トレードルーム完成でbuchujpが最初のトレードに用いた手法は「1秒スキャルFX」でございました。恋スキャFX販売終了後、現在まで最もbuchujp自身トレードに用いたトレード手法ですが、この教材自体ロングヒットとなっており現在もFX初心者推奨FX教材として筆頭にあげたいところでございます。

まずは、 buchujpメインブログにも2022年buchujp最新トレードルーム完成公開と稼ぎ頭のトレード手法実践の巻という記事であるとした動画を下記掲載いたします。


「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※動画でご覧のbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆buchujp「BI_Entry」をご提供中

本当に気がつけばですが、いつの間にかFXを始めてトレード歴13年になり、その後何度も引越し致しましたが最終的に一戸建ての注文住宅建築となりました。


広告

ほとんど自宅で過ごす特殊な仕事だと思いますが、一戸建て住宅の中で日頃の生活と、トレード環境を理想の形で作るにはどうすればいいか、実は1年以上費やして「トレードルームを組み込んだ間取り」を住宅メーカーと相談しながらやっと完成を見ました。

10年前には自分には一戸建て住宅など無縁だと本当に思っていただけに、強い願望が望んだ結果実現したという感覚はなく、とにかく気がつけばという感じでございます。

それが正直なところ。

トレード手法ロジックとしては「1秒スキャルFX」がbuchujpには現在のところまで非常に馴染んだトレード手法であまりますが、どの手法も同じことが言えますが、その成功率を高めるために「トレンドラインPro2」を併用して相場状況とエントリーチャンスの精度を高めるという手順が自分の基本パターンとして定着しているという感じです。

大げさなこと言ってしまえば、チャートにラインを引くだけでもトレードができそうですが、エントリーから決済までを手順工程として説明している1秒スキャルFX教材内のやり方は

失敗トレードを1度でも減らすという意味で、初心に帰ったときほど本日掲載した1秒スキャルFX実践トレード動画のようにルーティーンのような順序でFXのギャンブルにならないように本来の目的がズレるのを修正してくれているように思います。

ただし、どんな優れたトレードロジックや手法と言われているものでも100%というものはありえませんので、

そこにどんな自分ルールや掟を作るか、そこが各トレーダー様によって個性が出てくるものではないかなと想像する次第です。

自分の場合はいきなり1秒スキャルFXチャートを広げるということでなく、常にトレンドラインPro2チャートで「形状の良いチャート」になっている通貨ペア選択からスタートするというのが自分の掟で

この組み合わせによって「トレードを中止する」という判断も時にはできるのではないかと存じます。

実はエントリー直前になって、「トレード執行を止める」というのはプロ級の判断になるのではないかと個人的には思っており、利益を継続させる最大のコツといえるものがあるとすれば、「負けトレードを1回でも多く減らす」ためのブレーキ判断にあるのではと最近は感じる次第です。

【参考】
トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

本日は恋スキャFX販売終了後どのような方法論やトレード手法を最近実践しているかなど近況も含めまして、

buchujp最新トレードルーム実践トレード動画でございました。

また、人気FX教材ランキング2022年上半期buchujpまとめの巻もこのタイミングで掲載いたしましたので、様々なFX教材検討のご参考になれば幸いでございます。


広告