恋スキャFX終売後 FX初心者が利益が見込めるFX教材を選ぶとすればbuchujp客観的視点

恋スキャFXは惜しまれながら終売となりましたが、では次にFX初心者のこれからFXを始めるために利益を上げるためのハードルを下げられるFX教材、あるいはFXツールを選ぶとすれば、その一つにFX入門的チャートとセットになった「ドラストFX」は選択肢に入ると存じます。

その理由も含めてまずはbuchujp最新のドラストFX実践トレード検証動画をご覧いただきたいと存じます。


⇒ドラゴン・ストラテジーFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
◆2020年5月より特典企画
buchujp「BI_Entry」インジケータをご提供決定 配布制限付き特典です

—————————————
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
———————————
▼「利益率の高い矢印を見分ける方法」動画
▼ドラスト特別特典追加!利益率3倍!勝率99%のドラストVictoryサインを見抜く方法
▼「1トレードで20万円稼ぐコツ」動画
▼ドラゴン・ストラテジーFX高勝率なエントリー方法PDF
▼「プロトレーダーだけが知っている大トレンド発生の前兆」PDF
【2017.10.16追加スペシャル特典buchujpサイト用】
「知ってるだけで100pips超えの瞬間利益!」
——————————————-


広告

FX入門チャートなら「ドラストFX」と言っても自分ルールが重要とbuchujpあるあるの巻という記事ですでにbuchujpメインブログでは掲載中でございますが、ここではFX初心者が使うFX手法、あるいはFX教材という視点で考えてみたいと存じます。

上記のYouTube動画は、FXは初心者も自分ルールを本日は「ドラストFX」でbuchujp実践でしたが・・・からの引用でございますが、ドラストFXの基本的なエントリーと決済の方法と、それを使うトレーダーのそれぞれの独自ルールを加えたりなど、拡張についても話をしています。

FX初心者がトレードで最初に悩むのは、おそらくエントリーチャンスがどの場所で訪れるか、ポジションを建てるタイミングなどでは無いかと存じます。エントリーのきっかけとなる、エントリートリガーについては、ドラストFX専用チャートでドラゴンメーターが指し示す相場の方向感と実際のエントリーポイントのサインが出ますため、エントリートリガーの発展という意味ではほぼ迷いは無いのではと存じます。

次に決済の場所をどうするか、ドラストFXのトレード手法は基本的に5分足スケールでの、トレンドフォロースタイルで、トレンドが伸びればそれを追跡していく形で利益を伸ばしていくことが可能になるというのが特徴の1つですが、

トレンドの伸びていく過程で普通はスイング(波)が形成されるのが通常ですので、ポジションを持った位置から含み益が膨らみ、また押し目が形成され含み益が縮小、あるいは一時的に含み損状態という具合に価格が動いていくものでございます。

このようなプライスアクションを見守る過程でメンタルに影響を及ぼしながら、あるトレーダーは含み損を恐れて中途半端なところでポジションを手じまいしてみたり、また逃げ遅れて含み損の傷を深くしてしまったりということもあると存じます。

その点ではドラストFXの利益確定ルールがいくつか用意されており、その参考になるのがドラゴンメーターのモメンタム、ドラゴンバンドとの価格の位置関係で判断ができるというシンプルさはFX初心者様にも再現しやすいトレード方法論ではないかと思います。

実はbuchujpの場合、前日の終売になった恋スキャFXの手法の1部をドラストFXにも応用しており、自分ルールを付加しております。

また、最初にトレードを検討している段階で、いくつかのトレードシナリオを想定して、戦略が決まったらエントリー、その後はすぐにストップの位置とおおまかな利益確定の位置を決めると存じますが、自分の場合は基本的にそこで決めたそれぞれの位置はトレードが始まったら動かさないという自分ルールを決めています。

これは人によってどんなルールを自分に課すべきか異なると存じますが、ドラストFXを継続して使い続けることによって、値動きの特徴や、相場によってどのように対応すべきか、わかりやすいチャートシステムの上で自分ルールを研究していくことで、ドラストFXのさらなる拡張性も期待できると考えます。

このような使い勝手のドラストFXですから、現在のFX初心者トレーダー様がFXの勉強や実践のために検討する選択肢としては、今年2021年度においてもドラストFXは有力候補にあげて問題ないのではないかという考えです。

自分は冒険できないタイプで、なおかつ専業トレーダーをやる以上はギャンブル的なトレードはできませんので、いかに毎月トータルで利益を残すことができるか、そこに尽きる次第で、その意味でもドラストFXは現在も自分自身が使い続けられるチャートとして今もレビューを継続しているという次第です。

恋スキャFXの終わった後の1つの検討材料としてご参考になれば幸いでございます。


広告

関連記事