恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

Read Article

カテゴリー

恋スキャFX検証評価トレードレビューその②急落後の対処

恋スキャFXロジックを「レンジ相場対応型ロジック」という完全固定概念で表面的な解釈をしますと、色々な通貨ペアを見て回って「レンジ相場」だけを一生懸命探しまくって、レンジのように見えてなかなかチャンスのポイントの形状に見えないという、チャート形状に見え隠れしているチャンス場面があぶり出て見えてこないという時もあるかと思います。

例えばローソク足が勢いよく上昇したり、あるいは急落したり、そのような安定していない相場の時は、「レンジ相場になって安定するまで待とう・・」とチャートを閉じてしまうかもしれません。

しかし、このような買い圧力や、売り圧力が強く掛かった相場を見かけたときはチャンスも多いものだと思います。

例えばこの記事にアップしました急落後のチャート形状から恋スキャFXロジック発動、そして手堅く利食いしている場面は一つのチャンス場面であったと思います。


恋スキャFXビクトリーDX完全版販売ページはこちら
※buchujp「FX初心者のこれからFX」の保護記事パスワード他恋スキャFX特典がついております。
(特典保護記事は、恋スキャFX、ゴルスパFX、マナブ式FXなどから2種類お選びくだされ)

※参考:FX-jinトップトレーダー育成パッケージ
「FX初心者のこれからFX」保護記事すべてをプレゼントする特典キャンペン中

恋スキャFX検証評価トレード動画内の、急落チャートでは、一時本日の最安値を更新という所まで下押ししており、そこから一度上昇、短いレンジを形成しました。
koisca_buchujp1.15

再度ボリンジャーバンドマイナス2シグマを下押しして最安値更新をトライするも、もう一度上昇、

この時の上昇でボリンジャーバンド+2シグマ抵触したプライスは、直近のマイナス2シグマで下げ止ていたサポートとなっており、全体圧力が下方向へ掛かっている売り方優勢のチャート形状に見て取れるかと思います。

恋スキャFXロジックをシンプルにレンジ相場もトレンド相場も圧力判断

難しいテクニカルを駆使しなくとも、恋スキャFXのロジックが優位性を出すのは、圧力がかかっている方向へ的を絞ってロジックを活かすというトレードで、ラインを数本引いてみるだけで、視覚的に恋スキャFXロジックで攻める場所がよくわかるかと思います。

このようなイメージで、ボリンジャーバンドの単なる反発狙いということでなく、同じボリバン反発でもダマシの極力少ない根拠のある反発場面を見つけていくのが、恋スキャFXビクトリーDXのロジックということではないかとbuchujpは解釈しています。

そう考えますと、時間足を変えて監視してみることで、レンジ相場でも、トレンド相場でも、恋スキャFXビクトリーDXのロジックは使いやすい汎用性の高いロジックだと思いますし、

頭を柔らかくすれば、むしろレンジ相場よりも「トレンド相場」の時ほど恋スキャFXのロジックを応用して安全に利益を上げられるチャンスではないかと思えてきますね。

もちろん、行って来い相場やガクガク動く、指標発表や要人発言でそれまでのトレンドと一時的に逆方向に動いただけの相場もございますので、

ぜひ、恋スキャFXロジックを急騰や急落の相場の場面でも、当てはめられるか疑いながら時間足を複数変えてチェックしてみて下さいませ。

恋スキャFXビクトリーDX完全版販売ページはこちら
※buchujp「FX初心者のこれからFX」の保護記事パスワード他恋スキャFX特典がついております。
(特典保護記事は、恋スキャFX、ゴルスパFX、マナブ式FXなどから2種類お選びくだされ)

buchujpメインサイトはコチラ「FX初心者のこれからFX」


広告


広告

Return Top