恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

Read Article

カテゴリー

恋スキャFXで負けたくないから「チャートフォーメーション」裁量と合わせたアルアル手法の件

恋スキャFXビクトリーDXのレンジ内カウンタートレードのイメージでは無くて、トレンド発生時に見られる典型的な現象について恋スキャFXロジックにプラスして、裁量を加えてトレードする手法を実践トレード動画として収録しました。


メインサイト「FX初心者のこれからFX」詳細記事:恋スキャFX手法にある裁量を加えますと利益が伸びるマエストロFX裁量風トレード動画の件


⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。
恋スキャFX当サイト特典付きボタン



トレンド発生時に恋スキャFXロジックを使ったトレードで高勝率を再現されているトレーダー様は実は非常に多いと存じますが、自分もこのパターンはFX専業トレーダーになるときの、よくある、あるあるパターンです。


トレンドがキレイに発生しているチャート形状では、度々節目の所で「フラッグ」と呼ばれるチャートフォーメーション形状がつくられ、そこが「押し目」となることが良くあります。


この押目の深さは、多いのが、ボリンジャーバンドのセンターラインまでの押しで跳ねる形状で、これを繰り返すのがいわゆる、「バンドウォーク」でございます。
koisca-patan


トレンドの初動は、ボリンジャーバンドはエクスパンションと呼ばれる上下に拡大する形から、やがてトレンド方向へバンドが傾き、フラッグ形状が出来つつある付近では「スクイーズ」と呼ばれる、ボリンジャーバンドが収縮する現象が良く見られます。

広告



この時に押し目が深すぎますと、トレンドが変わってしまう恐れもありますが、レイヤーが何層も分かれてキレイに示現しているようなトレンドでは、そこが密かに「恋スキャFXビクトリーDXロジックの条件を満たすポイント」であることも多いような気がします。

つまり、


押し目買いの、ポイントでもあるため、強いトレンド中では、恋スキャFXロジックの利益確定ルールのセンターラインで利食いせずに、更に利益を伸ばすという戦略が建てられる場面も見られ、

本日のトレードではそのエビデンスとして、「フラッグチャートフォーメーション」の典型値動きの疑いが強く認められたチャート形状であったため、+24pipsという大きめの利食いになりました。



maestrofx-sasibuchujpカスタムチャートでは4本のMAがロング方向へパーフェクトオーダー形状になっており、アップトレンド継続のエビデンスがチャートからたくさん見つけられるという形状であったという感じでしょうか。


チャートフォーメーションについては、マエストロFXの佐野裕講師の講義で耳タコという感じで実際のトレードでは非常に活用することも多く、恋スキャFXユーザー様におかれましてはマエストロFXなどの裁量を活用することで、勝率と利益幅の増大に貢献するのではないかと考えます。

関連記事:マエストロFXチャートフォーメーション「損切りもしました」裁量トレードの件


経験ゼロのFX初心者でも、最短で専業レベルになれる特別プロジェクト『マエストロFX~FX専業トレーダー育成プログラム~』buchujp特典付きで飛びます



また、恋スキャFX購入検討されているトレーダー様におかれましては、恋スキャFX教材そのものに裁量のポイントを説明する動画やオンラインセミナーなどが充実しているため、ロジックを軸としたチャートケースに合わせた応用勉強にも活用出来る為お薦めでございます。

恋スキャFX当サイト特典付きボタン




今年前半はドル円はレンジのような動きですが、ユーロや豪ドル、ポンドなど、トレンドがキレイに出ている通貨ペアもあるため、相場と状況に応じた利益を狙うという戦略を建てやすいのではと思う次第。



ぜひ、より大きな利益を狙って頑張って参りましょう。








広告

Return Top