恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

Read Article

カテゴリー

恋スキャFX検証評価トレードレビューその⑪デイトレードに使う恋スキャ動画

恋スキャFX検証トレードをここまでご覧いただいてお気づきかも知れませんが、buchujpが恋スキャFXでエントリーしているポイントはすべて上位時間足の方向がつかめている、その下の時間足でのエントリーで高勝率を維持しているという共通点が見えてきたかと思います。

恋スキャFXでスキャルピングトレードの勉強をしようと思われているFX初心者トレーダーさまも、実はスキャルピングロジックというわけではなく、デイトレードでも、スイングトレードのような長いトレードスパンでも、恋スキャFXロジックは同じように使うことが出来るということがお分かり頂けると思います。

超短期売買というのが魅力的で、短い時間で利益を上げたいと人気が集まっているスキャルピング手法ですが、恋スキャFXロジックを使えば一つの通貨ペアで時間足をそれぞれチェックしてみることで、チャンスの場所が見えてくる、そんな王道的FX教材でありロジックであるともいえます。

本日の恋スキャFX検証実践動画は1時間足でのデイトレードを録画アップしてみました。


恋スキャFXビクトリーDX完全版販売ページはこちら
※buchujp「FX初心者のこれからFX」の保護記事パスワード他恋スキャFX特典がついております。

資金効率を考えますと、FX-jin先生が言うとおり、5分足などを使ってスキャルピングトレードを繰り返せば一日に何度でも利益を上げられる機会が持てるわけですが、

同時に何度もトレードすることはそれだけリスクも同じだけ発生するともFX-jin先生はおっしゃっています。
koisca_1h

現在FX-jin先生はほとんど、ドル円とユーロドルの、この二つの通貨ペアでのトレードを中心にされているそうですが、恋スキャFXロジックで時間足をそれぞれ変えてみることで、チャンスの場面はたいてい見つかるものだとも説明されています。

恋スキャFXだけでプロが使う難しいテクニカル知識は不要です

少々大げさに言えばですが、もう少し正しく言いますと、その時に必要な知識だけを身に着けながら徐々に自分のトレードスタイルの深さと広さを拡大していけば宜しいのではないかと思うわけでございます。

必要なのは、安定して利益を残せるかどうか、FXを仕事として生活をしていくうえで、それしかありません。

難しい新しい手法を次々試すことは否定しませんが、それよりも今勝てる手法をより勝率と利益額を積み増しできるように、精度を高める工夫と研究をしていくことに時間を使う方が良いと思います。

恋スキャFXビクトリーDXのロジックの提供というのが教材の内容だとみて、価値があるとかないとか、高いか安いかの批判的レビューをされている方も見かけますが、

恋スキャFXビクトリーDXを購入した後の、サポートという点での価値が最も評価されるべきところだと思います。

裁量トレードロジックはどうしても、不確かな動きをする為替相場に対応するために「あいまいさ」といのを排除できません。

機会が数値的条件でしか動かないのとは対照的に、人間が見て最もその瞬間に良いと思われる対処を「裁量」で判断していくという、それは「技術」ですので、

野球で言えば、ヒットを打つ技術似ているかと。

ストライクゾーンに来た球だけを狙って打つようにして、打ってもヒットになりにくいボール球を見送るというのは技術だと思うのですが、変化球や間合いなど、その時々で状況が変化する場面を

裁量で見送る場面は、しっかり「見送り」リスクを回避、チャンスのゾーンに入ってきたら、再度テクニカル分析をしてもっとも効率確率の高い場面を想定して獲りに行くという、そんな技術が手に入ったら、

野球などの現役時代が限られているスポーツとは違い、今後ずっと為替相場がある限り利益を安定的に相場から抜き出せるのではとbuchujpもFX-jin先生のお言葉に共感を覚えるのでございます。

難しいテクニカルを、アレコレと無理に覚える必要もなくまずは「恋スキャFXビクトリーDX」のロジックをFX-jin先生の動画を繰り返し見ながら体にしみこませて実践してみて下され。

FXで勝てるようになるというのは夢のような話では無く、FX-jin先生のお言葉を借りれば誰でもが勝てる勉強を継続すれば、ちゃんと為替相場から利益をあげられるようになると、私も共感しながら同意出来ます。

是非ご一緒に裁量を勉強してまいりましょう。


恋スキャFXビクトリーDX完全版販売ページはこちら
※buchujp「FX初心者のこれからFX」の保護記事パスワード他恋スキャFX特典がついております。


広告


広告

Return Top