恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

恋スキャFX裁量トレード検証動画レビュー

Read Article

カテゴリー

自分の場合ですが「恋スキャFXのダマシの可能性」チャート形状と疑うテクニカル指標の件

FXに「ダマシ」はつきものですから、完全にダマシを回避するという方法は無いと思いますが、チャート形状やテクニカル指標の示唆から「確率」を疑うということは、かなり可能なのではないかと思う次第です。


「FX初心者のこれからFX」今日から出来る平均足トレード・ライントレードの超シンプルトレードと恋スキャFXダマシの疑いを見極めの巻にて詳細記事をあげています。



MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




部分的にチャートを見ますと、ボリンジャーバンドからの逆張り的な手法という印象の恋スキャFXですが、一見条件がそろったように見えていて、そのままバンドを抜けてダマシとなってしまうかもしれない、そんな微妙な判断をしなければならない時もあるかと存じますが、

広告


そんな時は「スルー」するというのが正しい判断なのかもしれませんが、

トレンド方向に沿って恋スキャFX検討していても、そこから転換が起こり、反対方向へトレンドが始まる可能性をbuchujpの場合は、チャートのMAデッドクロスや重ねてあります平均足、そしてトレンドライン抜けなどから判断することもございます。

本日のチャートでは、デイトレMAXロジックに近い形での、エントリーであったのではと思う次第です。
koisca-daytramax 恋スキャFXのダマシを懸念する、個人的に見ているもう一つの要素として、ちょうどチャートのキャプチャーにありますが、

ショートエントリーした所は、恋スキャFXの「ロング」を出来るかもしれないと感じる場面でもありますが、ひとつ前のスイングで、やはり恋スキャFXのロジック条件を満たしている場面があり、

その後、ボリンジャーバンドのセンターラインまで値動きし、センターラインを越えた後にスグに戻りが出来ています。

同時にその後、トレンドラインを割ったという重合するエビデンスで、ロング方向の衰えとショート方向への圧力が見て取れたという所がございます。

逆にですが、アップトレンドの圧力が強い時には、やはりボリンジャーバンドのセンターラインを抜けて又すぐに押し目を作る形状になっているところも見て取れます。


絶対性はもちろん、無いものの、材料として見ておくという感じで、今回は「恋スキャFX」をスルーして「デイトレMAX」ロジックでの転換エントリーとしたという実践トレードになった次第です。

利確もデイトレMAXの利益確定事例としてあるpivotを参考にしており、結果として恋スキャFXダマシを回避して、別のデイトレMAXロジックでの利益になったという幸運なパターンでした。



仮に今回のトレードが損切りになったとしても、自分の根拠を集めたトレードがその通りにならなかったということで「仕方がない」と割切れますし、損切と利益ラインとの比率が、1:2になっていたため、攻めてみる価値はあったのではないかと、思った次第です。


チャートからエビデンスを探す作業は楽しいですが、神経をすり減らしますよね(汗)



では、この後も慎重にご一緒にチャートを監視して参りたいと思います。







MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)








広告

Return Top